脂肪溶解の方法とメリット

  • 脂肪溶解で理想のボディを手に入れよう

    • 脂肪細胞が大きくなることで人は太り、逆に脂肪細胞内の脂肪が消費されて小さくなることで、人は痩せます。

      おすすめの敏感肌用化粧水に関するご案内です。

      美容整形でよく聞く脂肪吸引は、この脂肪細胞そのものを体内から取り出してしまうことで、太らない身体を作るという痩身方法になります。

      OEMの化粧品に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

      脂肪溶解も同じく脂肪細胞そのものを減らす痩身方法になりますが、こちらは薬剤を投与することで、体内の脂肪細胞を破壊し、尿や汗とともに自然に体外に排出させてしまう、という方法になります。

      今話題のおすすめの敏感肌クリームについての情報を提供しています。

      脂肪溶解で投与される薬剤の主成分は、ホスファチジルコリンという、脂肪肝や高血圧症の治療に用いられてきたものになります。

      IBMトナーの分かりやすい情報はこちらです。

      主に大豆から抽出される成分で、脂質の代謝を高め、血管壁に取りついたコレステロールを溶かし出す働きを持っています。

      脂肪溶解は、この働きを美容整形に応用したもので、このホスファチジルコリンを主成分とした薬剤を皮下に注射することで、薬剤が浸透した部分にある脂肪細胞が破壊してしまうというという方法になります。



      脂肪溶解注射により、破壊された脂肪細胞から溶け出した脂肪は血管やリンパ管を通り、自然に体外に排出されます。


      ただ、脂肪吸引は施術と同時に効果が目に見えるのに対し、脂肪溶解の場合は、脂肪がゆっくりと体内で溶けだし、徐々に体外に排出されていくため、効果は徐々に現れるという感じになります。

      http://girlschannel.net/topics/274288/

      また個人差もありますが、数週間の間隔をあけて、何回か施術を行うという段階を踏む必要があります。

      https://matome.naver.jp/odai/2148651757518645001

      通常のダイエットでは、二の腕だけ、太ももだけ、脚だけといった部分痩せはなかなか難しいものですが、脂肪吸引や脂肪溶解であれば、痩せたい部分の脂肪だけを確実に取り除くことができます。
      また、バストなどふっくらとさせておきたい部分だけを残しつつ背中やわきの部分だけを細くするといったボディデザインも可能になります。

      特に脂肪溶解の場合、脂肪吸引とは違って身体を切る必要がありませんので、より安全な痩身方法ということができます。

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201603/

  • 関連リンク