脂肪溶解の方法とメリット

  • 脂肪溶解注射は脂肪が落としにくい部分も細く出来ます

    • 年齢を重ねると若い時とは違う部分に脂肪がつきやすくなってきます。


      背中や二の腕などにつく脂肪はなかなかとることが難しく、年齢のせいだからとあきらめてしまう人もいます。

      このようなとりにくい部分の脂肪も脂肪溶解注射をすると、容易に取ることが出来ます。


      脂肪溶解注射には脂肪酸を脂肪細胞から遊離させ、エネルギーとして燃焼し体外に排出する効果があります。


      使われている薬剤はアミノ酸やビタミン、L-カルチニンなど体に働きかけて代謝を高め脂肪を燃焼しやすくする成分と、フォスファチジルコニンです。フォスファジルコニンは血液中にコレステロールや脂肪が多く含まれる高脂血症という病気に使用される薬に入っている成分です。動植物の細胞膜の中に多く存在しており、人体に悪影響を与えません。
      フォスファジルコリンは脂肪酸を脂肪細胞から遊離させる働きをし、これによって痩せやすくなるのです。脂肪溶解注射の良いところはフォスファジルコリンの働きによって脂肪細胞まで溶かすことができるという点です。
      体は生命維持や活動のためエネルギーを使った後、余ったエネルギーを脂肪細胞にためてゆきます。


      脂肪細胞の数が多ければ多いほど、脂肪はたまりやすくなります。脂肪細胞を減らすことで、エネルギーをためる場所がなくなるため、脂肪溶解注射をうった場所には脂肪がたまりにくくなります。

      脂肪細胞は幼少期に数が決まるため、大人になってから増殖することはありません。


      1度施術を受ければ永久的に脂肪がつきにくくなります。徐々に効果があらわれていきますから、脂肪溶解注射をうってから1ヶ月から2ヶ月後に効果が実感できるようになります。
      自然に細くなっていくので運動やダイエットして細くなったように見られます。
      脂肪溶解注射は通常6回うつことで、徐々に脂肪を減らしていきますが、脂肪の少ない顔やひざの周りでしたら2、3回注射をうてば希望した状態になることが出来ます。

      細かな注文に応えることが出来るので、理想の体を手に入れることが出来るのです。

      ピーシーエヌに関する情報を公開しているサイトです。

      京セラトナーの情報はココで集まります。

      様々な種類の浄水器情報を参考にしましょう。

      エッグマフィンサンドイッチメーカー情報を楽しくお得に利用しましょう。

      詳しく知りたい化粧品のOEMメーカーの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

      https://matome.naver.jp/odai/2136454057862992401

      http://okwave.jp/qa/q9045467.html

      https://4meee.com/articles/view/680164

  • 関連リンク